筋トレ後の筋肉痛と超回復の期間について解説

 

 

超回復って言葉は、全国の筋トレマン達の間では、誰もが知っている言葉だと思います。 超回復ってすごい名前してますけど、ただ休憩するだけです。笑  

 

ただ、超回復のことを、知らずに毎日ひたすら筋トレするのって、非効率だし時間の無駄になりますので、絶対にやめた方がいいです。

 

筋トレを、始めたばかりの頃の俺は、超回復なんて言葉を当然知らなかったですし、筋肉が、大きくなる仕組みについて全くの無知でした。

 

なので、そんな俺の痛い経験を、参考にしてもらいたいので、ここで超回復について詳しく書きます。 筋トレする人には、必ず役に立つ知識になりますので、参考にしてください。    

 

 

超回復ってなんぞや

  超回復とは、簡単に言ってしまうと筋トレ後に、24時間~48時間体を、休ませる行為です。

 

んで、その休んでいる時に鍛えた部位の筋肉が、トレーニング前より太くなって回復する現象のことです。  

 

超回復については、細かく言うとなんか専門的で小難しい感じがしますが、簡単に考えると、最後に筋トレした日から1日か2日置いてから筋トレした方がいいってことですね。

 

筋トレ⇒疲労⇒1日か2日休憩⇒回復⇒筋トレ前よりパワーアップ 上のような流れだと認識しておけばOKですね!!   

 

 

毎日筋トレすると悲劇が起こる

  超回復の重要性については、理解してもらえたと思いますが、じゃあ、逆に毎日筋トレしたらどうなんの? って疑問がでてくると思います。

 

ここでは、毎日筋トレしまくったらどうなるか書いていきます。  

 

とその前に結構筋肉に関して勉強になるいい本見つけました。 よかったらどうぞ。

 

 結論から言ってしまうと、毎日筋トレすると筋肉が、最悪減ります。

 

超回復とは、真逆だと認識していれば、間違いないです。

 

筋トレで、傷ついた筋繊維が、回復してる途中に筋トレすると、傷ついた筋繊維にさらにダメージを、与えてしまうので、逆効果なんだと昔トレーナーから教えてもらいました。

 

回復しない間にトレーニングを重ねるとどんどん筋力が低下していってしまうそうです。 これは、恐ろしいですねー まさに無駄な努力ってやつです。  

 

筋肉を大きくしたいのに筋トレして筋肉縮小するとか本末転倒です。

 

なので、絶対に24時間~48時間休憩してから筋トレするようにした方がいいですよ。  

 

 

 

毎日筋トレしたい場合はどうする

  でも毎日筋トレしたって人も中にはいると思います。 そんな人におすすめしたいトレーニング方法があります。

 

それは、曜日によって鍛える部位を分けて筋トレすることです。  

 

例えばですが 月曜;腕  火曜:胸  水曜:腹筋  木曜:背中 みたいな感じで、曜日ごとに部位を分けてトレーニングすればそこまで超回復に影響はでないです。

 

しかし、器具を使って筋トレしている人は、わかると思いますが、他の部位を鍛える時にもその他の部位の筋肉を使うこともありますので、トレーニングの組み合わせには注意が必要ですよ。

 

これ参考になりますので、よかったらどうぞ。

 

まとめ

 筋トレして筋肉を健康的に大きくしたい人は、同じ部位を毎日鍛えてはいけません。 最悪、筋肉が破壊されて元の状態より筋肉が、小さくなってしまいかねませんので。

 

それでも、毎日筋トレしたい人は、鍛える部位を、曜日ごとに分けてトレーニングするしかありません。  

 

ただ、超回復の注意点としては、負荷が軽いトレーニングであれば、そんなに時間を置かなくても大丈夫だということです。

 

まぁ、負荷が軽いとあまり筋トレにならないのですが。笑 そこらへんの見極めは、インストラクターに相談してみるもの手ですよ。