高校を中退した経験がある人に読んで欲しい話

いきなりちょっとカミング的な話になるんですけど、実は俺は一度高校を、中退している過去が、あるわけですよ。

 

途中で、高校中退する人ってさ、まぁ色々なパターンがあるし、環境もあると思うんですよ。  

 

、ぶっちゃけ環境ぢゃなくて、完全に自業自得ってやつで、同乗の余地なしみたいな感じなんですよ。  

 

高校中退してから、これまで人並みにそこそこ色々あったわけですよ。   考え方や、感覚なんて人それぞれだし、どう考えたりしているかわからないんだけど、俺の場合は、ものすごく後悔しました。  

 

ええ、本当に時間が、戻せるなら戻してほしいくらいです。  

 

でな感じで、俺の場合は自業自得なんですけど、これから学校を退学する人や退学しようかなと考えてる人、もう退学しちゃった人の参考になるかもしれないこと書きます!

 

参考にならなかったらすみません。

具体的に書くのは、下のについてです。

 

① 偏見  
② 就職  
③ 進学の道

それでは、いきます。 発信!!笑

 

 

偏見について

俺が、高校を中退して一番初めに感じたことは、自分のことをよく知らない人達からの偏見です。 まぁ、そりゃそうですよね。

 

大多数の人間は、高校は普通に卒業するもんですから、珍しい感じになっちゃいますよ、   特に俺の場合は、完全に自分が、だらしなかっただけですし何か特別な事情が、あって高校を中退したわけでは、ありませんので言い訳もできなかったです。  

 

例えば、いじめだったり、家庭の事情だったり、精神的な問題だったりと人それぞれ事情はあると思いますので、一概には言えませんが、事実として多少の偏見はあります。

 

  今は、時代が変わってきたのと、新しい働き方など個人で情報発信できる時代にですので、少し前に比べれば偏見は、減ってきたでしょう。  

 

あくまで、俺自身がの経験でそう感じているだけかもしれないので、参考程度にしてほしいです。

 

  就職活動とかで、履歴書に書く時とか、面接でなんで学校をやめたのかとか聞かれることが多いと思いますので、しっかり説明できるようにしておいた方がいいです。  

 

後は、学校を中退したという過去は、残念ながら一生消すことはできませんので、へんな言い方ですが、それをバネにして頑張るしかないと俺は考えています。

 

頑張りが認められれば、偏見なんて吹き飛ばせます。  

 

よくよく自分の過去のことを、思い返してみるときつい時とか辛い時には、周りのことを見返してやるって気持ちが、自分の支えになっていたなぁと思いだしました。

 

 

就職について

学校中退後に、進学をしなければ最終学歴が、中学卒業になります。

 

目指す仕事が、特に決まっていなければいいのですが、もしあなたが目指したい職業や入りたい会社が、あった場合、採用条件に学歴の指定があり、その指定に当てはまらなかった場合は、面接すら受けられないという状況になります。  

 

特に大手企業になればなるほど、その門は狭まります。   もし今の段階でやりたいことや、入りたい会社がなくても、自分の視野を広げるという意味では、進学するという道もあると思います。  

 

ただ、俺が今もっとも後悔しているのが、手に職をつけるという選択を、この時にできなかったことです。

 

今後どうなるかわかりませんが、職人の世界は、学歴は関係なく技術が重要になってきますので、若い時から修行していれば、いずれは独立することも可能です。  

 

それに手に職があれば、勤めている会社が、駄目になってもすぐに他の会社も見つかるでしょう。  

 

 

なので、高校を中退して、仕事を探している人は、手に職がつく職人系の仕事を、俺は個人的におすすめしたいです。

 

 

進学の道

高校を、途中でやめたからと言って進学の道が、閉ざされたわけではありません。 【高等学校卒業程度認定試験】という制度が、あります。

※旧大検   高校認定試験に受かれば、高卒と同等の資格を得ることができますので、資格取得後、専門学校や短大、4大に進学する資格が、もらえます。

 

高等学校卒業程度認定試験は、比較的受かりやすい試験ですので、進学を希望するならぜひチャレンジした方がよいでしょう。  

 

実は、俺も高等学校卒業程度認定試験に受かり進学しました。

 

正直、そんなに勉強しなくても受かると思います。

※俺が受けてから結構時間が経過していますので、もしかしたら難しくなっているかもしれません。

 

 

まとめ

■学校を中退後、すぐに就職するのもあり  
■多少の偏見も覚悟する必要がある  
高等学校卒業程度認定試験に受かれば、進学できる  
■俺のおすすめは、手に職がつく仕事について若いうちからキャリアを築く
 

大きくまとめると上記の4つになりますね

 

。 個人的には、さっきも言いましたが、手に職が就く仕事に、若いうちからついてキャリアを築くのも一つの手だと思います。

 

私の友達とか、ずっと職人仕事してて今月ついに独立しましたからね。  

 

俺も今から奮起して職人の修行はじめようかなってちょっと真面目に考えてます。