お金のことを学ぶのに最適なおすすめ書籍15選

お金に関する本って読んでるとなんか賢くなった気になりますね

完全に勘違いなのかもしれませんけど。笑 学生の頃から、『お金』系の書籍は、結構読んできました。

 

月2冊~3冊くらいのペースで。意外と読書も好きなんだなとふと思いました。  

この記事では、『お金『』に関する書籍で、実際に読んで勉強になるなって感じたおすすめの本を、紹介していきます。

 

読んでるとなんとなくわかってくるのですが、『お金』系の書籍って根本的な根っこの部分は、結構書いてること似たり寄ったりです。

 

なので、何冊か良い書籍を読んでおけば、ある程度の基本的な知識は身につくってことです。 そんな本を、紹介していきます!!

お勧めのお金を学ぶ本1~5

臆病者のための億万長者入門

『臆病者のための株入門』『臆病者のための裁判入門』に続くシリーズ第3弾。

ロングセラー作品を出した実績のある有名作家・橘さんが書いている本です。 一般の投資家や一般の会社員を対象としているので、読んでいて現実味があります。

 

株の買い方、為替市場の見方、土地・債権・株の資産ポートフォリオの作り方など実践的で、役に立つ内容が、ぎっしり詰まっています。 また、お金の流れを数式でしっかり表しているなど、かなり理論的に説明してくれます。

 

ユーザーレビュ一部抜粋
〇資産形成全般についての著者の提案が、明確な理由と共に出来るだけ客観的に述べられている  
〇金融リテラシーアップの入門書としておすすめ  
〇とても読みやすく勉強になった。目から鱗だった話も多数あり
〇リスクに弱い臆病者に向けた指南書
 

お金持ちになった人が貧乏な頃からやっていること

これは、個人的にかなり勉強になったなって印象が強い1冊。

書いてあることは、とても簡単なことで、正直誰でもやろうと思えばできる内容がほとんど。

 

印象的だったのは、『お金の「守り方」より、「増やし方」より、“使い方"にこだわっている』 内容的にすぐに実行しようと感じたのは「収入の5%を自分に投資する」こと。 『行動すること』と『投資すること』の重要性をお金に絡めてわかりやすく解説してくれています。

 

ユーザーレビュ一部抜粋  
〇お金持ちになるために、自己投資がいかに重要かわかりやすく書いてある
〇お金の使い道として自己投資であること、お金をもらうことに躊躇しないことには同意できる
〇貧乏な頃からできることが書いてあって実践しやす
 

知らないと損する 池上彰のお金の学校

不思議なくらい物知りでなんでもわかりやすく説明してくれる池上彰さんのお金に対して特化した本です。

この本のいい所は、『お金の常識』を、わかりやすく解説してくれているところです。

 

金利・株・保険・GDPなどお金に関する基礎的な部分についてしっかり学ぶことができる1冊。 お金の流れなどの基礎的な部分を学びたい人には、かなりおすすめです。

 

ユーザーレビュ一部抜粋  
〇お金に関する辞書 
〇お金まわりの基礎をサクッと学びたい人に勧める 
〇よくニュースで報道される円高もなぜなのかがわかりやす書かれていた 
〇年末調整についての説明があり、スッキリした
 

「好き」を「お金」に変える心理学

心理系で有名なメンタリストのDaiGOさんが書いている、『自分の好きなことで稼ぐ』に特化した本です。 この本は、どちらかというとお金に関する知識本とは、ちょっと違った内容になっています。

 

「お金の無限ループ」をメインテーマとしていますが、簡単に言ってしまえば『好きなことに投資して、その好きなことで収益を上げましょう』って話。 好きなことには、みんな頑張れるので、この考えには個人的に賛成です。

 

ユーザーレビュ一部抜粋
〇切なお金の使い方とは何か?が分かる 
〇この本を読んで以来、お金の使い方がかなりうまくなった。
〇道筋が論理的に語られていま
 

金持ち父さん貧乏父さん アメリカの金持ちが教えてくれるお金の哲学

世界中で読まれている超有名な本。ロングセラー作品です。 お金と投資に関する考え方を、完全に変えてくれるような破壊力のある1冊。

 

しかし、書かれていることは、本当に堅実で誰でも実践できるであろう内容になっています。 『お金を働かせる』って思考は、この本を読んで見につけることができました。 絶対に一度は読んだ方がいい1冊です。

 

ユーザーレビュ一部抜粋 
〇今まで当たり前だと思っていたお金に対する考え方がかわる。 
〇これまでの人生観が変わる1冊になりました。
〇何もないと恐れず前向きな気持ちになれる本。
〇行動することの大切さ、恐怖に立ち向かう勇気が一番大切だと思いました。

お勧めのお金を学ぶ本1~5

難しい事はわからないけどお金の増やし方を教えてください

お金の増やし方に特化した本だが、初心者向けにかなり向いている内容になっています。 お金系・投資系の本を、まだ読んだことが無い人は、この本から入ると分かりやすく学べると思います。 お金を銀行に預けている人だけの人は、読んで見ると考え方が変わるかもしれません。

 

ユーザーレビュ一部抜粋 
〇なんだか株式投資って楽しいなーと思うようになった。
〇これから、投資を始めたい人には参考になります。
〇今までに読んだ本の中で、一番分かりやすく、すっきりしました。
〇タイトルどおりこれを見て、まねをするだけ。
 

となりの億万長者― 成功を生む7つの法則

億万長者って一体どんな人たちなのか? インタビューから「億万長者」の実像を描いた作品です。 億万長者と言われている人の生活や消費・行動などを調べ一般人との違いを明確している。

 

富裕層が、どのような消費行動をしているか、どのように蓄財しているのかを、正確に数字で出して説明しています。 また、億万長者から「7つの法則」を学ぶことができる1冊。

 

ユーザーレビュ一部抜粋 
〇彼らの経済観念は非常に参考になった 
〇本当のお金持ちは意外とシンプルな生活をしていると
〇結論とその理由をクドクド書いてあるが、箇条読みですっ飛ばしても「納得」できる  〇膨大なデータがとても役にたちました
 

働く君に伝えたいお金の教養

20代の若者におすすめできる1冊。 「知る」「使う」「貯める」「増やす」「稼ぐ」の5ステップを、対話形式でわかりやすく解説。 貯蓄するための方法・保険の選び方・投資法、遺産関係などなど・・・・ まさに20代の期間に学んでおきたいことが、この1冊に詰まってます。

 

ユーザーレビュ一部抜粋  
〇投資に関する知識が全くない人にはオススメです 
〇二十代半ばですが、知らない事が多々ありかなりタメになりました
〇新社会人には是非とも読んでほしい内容だった
〇お金について柔軟に、様々な角度から考察されたいい本でした
 

山崎先生、将来、お金に困らない方法を教えてください

資産運用や金融商品選びの超基本的な部分を、わかりやすく解説してくれています。 また、保険と住宅の選び方や子どもへの教育費のかけ方など、お金系の本で触れないような部分のところまで、わかりやすく説明してくれています。

 

特長的なのが、この本は、文字ベースではなく漫画ベースでわかりやすく解説してくれています。 お金の基本から投資まで、幅広く学べる1冊です。

 

ユーザーレビュ一部抜粋
〇投信入門のキッカケとしては良い本だと思う
〇お金に関わることが一通り学べて、内容も偏りがなく、客観的な意見で納得できる   〇険、住宅、教育費、老後について心構えや方向性の指針を示してくれます
〇マンガのタッチも良かったです
 

誰も教えてくれないお金の話

一生使えるであろうお金の智恵が、楽しく学べる1冊。 「目からウロコ」な内容が多い印象ですが、特に普段の生活にかかわるお金に関する疑問が、結構解消されるので、その点でもおすすめ。

 

この本は、漫画でわかりやすく説明してくれますので、スラスラ短時間で読むことが可能です。 お金に関する豆知識も身につきますので、読んで絶対に損はしない内容になっています。

 

ユーザーレビュ一部抜粋
〇結婚、出産、マイホーム購入等人生の一大行事を控えている20代・30代前半の若い人たち向け 
〇え方がマンガでわかりやすく書いてあるので2時間位で読み終えました 
〇入門には最
 

お金に強くなる!

お金に関することを幅広く学びたいならこの本をおすすめします。 年金や住宅、保険関係など、お金に関する基礎的な知識を、身につけることができます。

 

金融商品の仕組みなどについても触れていますので、まったく免疫が無い人からすると、かなり新鮮な内容になっていますよ。 『銀行員と会ってはいけない』など、印象に残る言葉も出てきます。

 

 ユーザーレビュ一部抜粋
〇この本は投資初心者(投資を始める前に)是非 読んでおくと役に立つと思います   〇お金に関する初心者から実務家に至るまで学ぶところ満載の正統派書籍 
〇初心者の自分には丁度良いぐらいの内容
 

億万長者のお金を生み出す26の行動原則

お金のことだけではなく、お金に対する精神的な部分についても学ぶことができます。 自己啓発的な部分も含んでいますが、積極的な性格の人だと共感しやすい内容になっています。

 

26の行動原則は、ビジネスの戦略的な部分でも十分使える内容になっています。 『人に与えれば与えるほど、自分の収入が増える』など個人的に印象的でした。

 

ユーザーレビュ一部抜粋 
〇行動指針や心の持ちようを固めるには、必読の書 
〇自分の固定概念を壊すいいきっかけになりました
〇この本に書かれている行動原則に従ってみるのをオススメしま
 

世界一受けたいお金の授業: 一生お金に困らない「稼ぐ、使う、貯める」技術

お金と経済に対する疑問やそもそもの基本的な部分が、効率よく学べる1冊 どの業界の利益率が高いのか? 日本の将来の経済はどうなっているか? などなど、お金や会計、経済の入門書として使えます。

 

読んでいて一番良かったのが、無駄に専門用語使わないでくれたことですね。 わかりやすくてスラスラ読めました。

 

ユーザーレビュ一部抜粋
〇スタバのコーヒーなど上手く事例を出して解説してくれています 
〇読み易いし、内容もシンプルで分かり易いです 
〇身近なテーマに話を落としており、お金や会計の入門書として一番理解しやすいと思う
 

人生にお金はいくら必要か

本の題名の通り、人生において必要になってくるお金を、計算式を用いて解説してくれる。 この本のメインとなるのは、『老後の貯蓄にどれくらい回すか』です。

 

稼ぎの金額によって貯蓄に回せる金額も変わってきますが、公式を使って解説してくれます。 老後の心配をしている人や今から準備をしておきたいって人向けの書籍です。

 

ユーザーレビュ一部抜粋
世帯年収が、手取り600万円以上ある人の為の参考書だと思います 
〇ちょっと現実味に欠ける 
〇計算式を中心に話が展開する
 

そこ、ハッキリ答えてください! 「お金」の考え方 このままでいいのか心配です。

結婚や転職、教育など人生でそれぞれあるシーンで、必ずぶつかるお金の問題を対話形式で、読み手がわかりやすいように解説してくれている1冊。

 

ファイナンシャルプランナーの意見や考え方もあり、信憑性の高い内容になっています。 やってはいけない投資や資産運用もわかりやすく教えてくれています。 ちょっと暴露しすぎではないのかと心配になってしまうくらいの内容も。 金融に関して強くなりたいなら人におすすめの1冊です。

 

ユーザーレビュ一部抜粋
〇個人として、お金にまつわる、人生設計、保険、預金、ファンド、株などの金融商品をどう選べばよいのかの指南書 
〇これは業界の反発を招く本。こんなにはっきりと言ってよいのでしょうか
〇対談形式で読みやすさが重視されている終りに